MACARSオリジナル ECU TUNE始動!!

こんばんはNISHIOです。

 

さてオリジナルのECU TUNEをは今までDMEのツールを使って書き換えを行ってきましたが。。。

近年の車輛では対応が困難になってきました。

さてそんな中、兼ねてから進めて『ECU TUNE』の

新しいツールが入荷しましたので早速デモカーで試してみました。

MACARSオリジナル ECU TUNE

 

主に3タイプの施工ですが、どのタイプかは車輛によって異なります。

『OBD』

車輛診断ソケットからデータを読み取ることを可能にします。

『Bench』

ECUの分解だけが必要が必要になります。接続はECU前部で行う為、ECUを開く必要はありません。

『Boot』

ECU本体を分解し開く必要があります。

 

BMW F87N M2コンペティションは、

OBDポートからの書き換えができないのでECU本体から直接抜き替え作業を行います。

インタークーラー・チャージパイプなどを外して、インテークごとは全て外します!!

今回は『Bench』で施工を行います。

OBDの程 簡単には施工できませんが、リスクが低くて読み取り・書き込みが非常に楽になります。

ノーマル出力:410PS/トルク56.1K

MACARSオリジナルECU TUNE:580PS/トルク80K以上

 

完成後がこちら。。。

見た目は変わりませんが、別の車輛へと生まれ変わりました!!

あまりの速さに一度体感すると純正へ戻せなくなってしまいました。

まだまだ更に進化していく予定なので、順次お知らせしてまいります。

 

そんなこんなでECU TUNEの事ならメイカーズにお任せください。

お気軽にお問い合わせお待ちしています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る